« 選曲構成 | トップページ | あれままま »

雨ガ降ると生活が楽になる話

こんにち、「雨が降ると落ち着く」という

まるで、「風が吹くと桶屋が儲かる」的な現象を

・・・プロフィール風に紹介いたすことにいたしやしょう

・・・・・

およそナン年か前、愛知県東枇杷島付近の病院にて

この世に生をうけている(*^_^*)オギャー


つつがなく幼少時代少年期を
外で遊ぶことをモットーにすごす


そして、神奈川県海のそばの高台に引っ越す

山海の魅力に取り付かれ、昆虫採集などをして
自然と共に過ごす毎日

やがて青年期になり、山に行かなくなる

一方で今度は
海などの近くのレストランなどに出没

昼飯などを食らいながらすくすくと育つ


やがて成人を向かえ成人式はサボり・・・

その頃、弟が一晩に一箱のティッシュで
「鼻をカンで」

トナカイのようになっていたので、


兄弟ゲンカの格好の「ネタ」になる

せせらわらい


罵倒し・・・


いじめ抜く兄いわしぐも(笑)


はじめてこの世に「花粉症」という

モノを知る・・・・・・


が、


弟はキレ気味になっていたので、

間を置いて、「哀れむ」攻撃に切り替える
ことにする


戦乱の世が少しずつ動き始めていることを
いまに思い知ることになる社会人いわしぐも・・・・・


嗚呼なんて哀れ(笑)


東京に出てくるちょっと前のある日、

風邪をひき、そのまま、直らないので、


湘南の病院にいくと、


「花粉症だす」


と、診断される

なので「ざ・花粉症」にめでたくなる


その後、様々なマスク、鼻に塗るやつ、
目薬、様々な市販薬などを経て、


シーズン前に、駅前の耳鼻咽喉科に行き、


「ちょっと解説がウザく看護婦たちからものすごく
嫌われている先生の話を一年に一回なので我慢して聞き」


処方薬をもらうことをナリワイとしていたが、

この度、今年になって通おうとしたらそこが
「終了」して、「廃墟」になっていたことが
軽いトラウマになる


生き残る手段として、家捜しをすると、

去年にだましだまし飲んでいた薬が

ざくざく出てくる


おぉ・・・宝の山・・・・・

その薬をガブガブ飲み始める

晴れの日はとてもつらいが、雨が降ると、花粉が

舞わないので、幾分生活が楽になる


・・・・今に至る(^^)v


ふう・・・・やっとたどり着いた・・・・

|

« 選曲構成 | トップページ | あれままま »

マヌケな話」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514266/44258211

この記事へのトラックバック一覧です: 雨ガ降ると生活が楽になる話:

« 選曲構成 | トップページ | あれままま »