« 入稿 | トップページ | 福袋 »

悲しいけど美しいCD

故ダイアナ妃の葬儀の模様のCDをゲットした

 

cd「ダイアナメモリアル1997.9.6」

・・・・あっ日にちが「歌心対決」の本番の日と同じだっ!(^^)v

 

なんともう廃盤 

なので「困った時のAmazon」でさがしたら

ほぼ送料のみ本体価格\3でゲットできました!

 

いや〜世の中「ギブアンドテイク」どすな〜 

 

いわしぐもは当時リアルタイムで

テレビ中継されていたこの模様を見ていたのだが

教会で行われた式典はムチャクチャ

パイプオルガンの音が凄いのですね

 

当時強力にその「音」が印象的でいつしか

 

「パイプオルガン」ひいてみたいなぁと

 

 ・・・

多分あまりのエネルギッシュな音に

きっと感動で泣いてしまうのだろうか? 

 

だってですよ……巨大な「人柱以上」の

「笛」が「ぶぉ〜ん」って鳴ったら……

感動でズビズバ(死語)なってしまうんだろうなぁ……

 

カラヤンのcd「アダージョ」

・・・にしろ

 

佐渡裕/兵庫県芸術文化センター管弦楽団

cd「開幕の祈り」

・・・にしろ

 

「追悼イベント」とか「アダージョ」みたいな

選曲って何か迫る美しさがあって

 

……いずれも愛聴版cdでっす(*^_^*)

 

 

……と朝方「アリア」を「なるたけパイプオルガン」

の音をつくりながら練習し「たぁちゃん」とのリハーサルに

望むが・・・「重すぎたサウンド」により、「パイプオルガン」が

「ストリングス」に変わりそちらのほうが全然いいという

 

・・・・・なかなか合わせるまではなかなか

解らないコトを誰が想像しただろう?(笑)

  

ソロで弾くのと違いアンサンブルですから

音色の相性もあるのですね・・・・

 

でも、ストリングスのほうが「全然声が生きる」のです!

 

・・・・・

 

ん?……ダイアナのCDっすか?

やっぱり感動して「プルプル」ふるえちゃいました(*^_^*)

 

でも、リアルタイムのテレビで見た時の

インパクトはすごかったなぁ・・・

CDってどうしてコンナに「上品」に

・・・・・聞こえてしまうのだろう?

|

« 入稿 | トップページ | 福袋 »

コンサート」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514266/45211957

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しいけど美しいCD:

« 入稿 | トップページ | 福袋 »