« ヤキソバに・・・ | トップページ | 存続の危機 »

パイプオルガンへの道

色々な音をエディット(思うように変更)している中で






特に難しいと思うのは



「パイプオルガン」




同じオルガンで何故にコンナに難しいのか?





・・・・・もちろん、音色はあり、



それなりに響くのですが・・・・・・・








・・・自分の中の思いどうりな音ではないのですね





「重さ」とか、「臨場感」とかが、





もっと欲しいのだブー・・・・・・(^・^)






ステージアになって・・・・




「アーリー(初期反射リバーブ)」と
「3バンドEQ(音色補正)」で、






「低音部」「高音部」に分けて作っていたのだが、






この度試しに「ピッチチェンジ」と、「3バンドEQ」で、


作ってみた・・・・^^;





・・・・なんか、新しい調味料に変えてみたという





・・・・・感じですね(*^_^*)







ピッチチェンジは、音程を変化させるエフェクトだが、




微妙にピッチを固定すると、「コーラス効果」が



得られます(*^_^*)




それにディレイがついているので、「音を遠く」にすることが


出来、単に「アーリー」で音場を「遠く」にしたのとは、




また「別」のニュアンスが得られます・・・・




こうして何百度となく音を作っているのですが


・・・今度は、その音とホカの音とのバランスを考えて、




ボリュームを変えると、また音質も変わったりと、




「いたちごっこ」のような感じが続く中







確実に、「思いに近い音」が得られつつあります






気持ちのいい分厚いパイプオルガンへの




道は・・・・?







・・・・・・・







|

« ヤキソバに・・・ | トップページ | 存続の危機 »

しごと」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514266/47049019

この記事へのトラックバック一覧です: パイプオルガンへの道:

« ヤキソバに・・・ | トップページ | 存続の危機 »