« 巨大再び | トップページ | 電化バイヤー »

イコライジング

リハのときに使ってみました


「イコライザー=周波数特性補正」



なにやら難しいですが、


いつも使っているステージア・・・・・



音作りって大変ですよね


で、その頑張った音を出すスピーカーなどが違ったり


出す場所が違ったりすると、



「いつもと違う風」に聞こえたり、




変な音だけ協調されたり(ベースが来ないとか)




そういうのを「直す」という働きモノのことをいうのですね





で、今日のリハーサルは、「D-Deckにモニタースピーカー」





だったのですが、



チョイトサウンドをいじると、全体的に「まろやか」



になったり「きつくしたり」と、快適になってくるわけです



「いつもの音」になるべく近づけることも出来るわけですね



ステージアに比べて、メリハリのあるサウンドが出る

D-Deckは、イコライザーを真ん中辺の音を



「ほんのちょいと」マイナス補正してあげると、



「奥行きのある音」になってくれるのですね









イコライニコライさん(ロシア在住か?)の「オン」ボタン


を入れると、「オヤッって言うくらい音が引きしまる」感じが




します




それは普通の人の体にキョウセイ下着をつけたかの如く



「ギュギュッ」っと、



「ウェストははいらんバストはイル」


みたいに「補正を」行うので、




最終的には、「引き締まったぼでぃ」になるわけという感じですね




でも、「元の体」もとい「元の音」が



「ある程度が」ちゃんとバランスよくなければ




「寄せてあげてもタダのムダ」と、




なんか、「ある程度」って「どの程度だろう?」


見たいなことになってしまいますねぇ




・・・気をつけて使わねばイカンと、




「自分の努力に期待」






・・・・という変な結論に達したトコで






今日の勉強会を終わってみたいと思いますm(__)m

|

« 巨大再び | トップページ | 電化バイヤー »

しごと」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514266/46975121

この記事へのトラックバック一覧です: イコライジング:

« 巨大再び | トップページ | 電化バイヤー »