« もう7月 | トップページ | 原点 »

貞夫

そんとき電車で思いっきり寝てました

乗り換え駅に着きモーローとホームを降りるとまさかの・・・・








・・・「いっこ手前の駅」

・・・まぁしおうがない

その駅も「ターミナル駅」だったので

別の路線が早いだろうと

階段を上がると・・・

「別の路線」とやらが・・・・通りすぎていく・・・・

そして・・・

もう1・2分で今のホームに次のが来るとアナウンスがあった

再びモーローとなりながらも上りかけた階段を降りきり

次の乗り換えは「一番前」がお得・・・とばかり

「一両目」と書いているとこまで


「ムユウビヨウ」のように歩くいわしぐも


だが

ハッと気がつくと・・・・ハルカ後方彼方に

次の電車がいつのまにか着いていたのだ!!







「何故・・・・ここまで来ない!?」

・・・・・

なんでも「短い車両バージョン」らしい

ま……まってくれ〜

だがムユウビヨウが「服を着た」ようないわしぐもは

普通に完全に「つかつかと」歩けず

「ガッシ・・・・ガッシ」と





大地を踏みしめるような・・・






もうそれは姿格好こそ普通だが





「貞子」と変わりばえのしない「貞夫」がそこにいた

かくて電車は目の前を通り去り・・・・

再び長い道程をコンドこそ階段から違う路線をめざすもそこでも


一台見送り・・・・・

「♪く〜る……きぃっとくぅる〜」



とか「うすーく」口ずさみながら

がっしがっしとふみしめるように歩く

いわしぐも貞夫であったのでした(*^_^*)

|

« もう7月 | トップページ | 原点 »

マヌケな話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514266/55107175

この記事へのトラックバック一覧です: 貞夫:

« もう7月 | トップページ | 原点 »