« 原宿表参道イルミネーション | トップページ | イザの時 »

主観と客観

あの前川清氏は

自分の曲を「いい曲」だとあまり思ったことがないそうな


だけどヒトタビ友人とカラオケに行って


客観的に歌詞を見たら「いい曲だなぁ~」と思ったそうな・・・


世の中には必ずしも

自分がいいと思ったことが自分発信でいいとは限らなし

そういうものに限って「他人」には評判が良かったりする


その逆も然り・・・


・・・・・


楽器のデータ・アレンジなども全く同じで


いいわコレって思ってもあまり評判が良くないものもあり


さりげなく「こんなんでいいの?」っていうのが


物凄く評判良かったり・・・・



・・・・・・

多分「無欲の勝利」とか「脱力の勝利」とか

色々あるけど・・・・



発信している本人の思い入れが強すぎると

受け手の選択肢が減るか・・・・


発信している本人の無欲さが・・・

帰って受け手の想像力をかきたてたりする

のかもしれないですね・・



なんて・・・・



思いながら割りと無欲(この場合は無意識)で「よるみかん」を


ガシガシ食ういわしぐもの夜でした(*^_^*)

|

« 原宿表参道イルミネーション | トップページ | イザの時 »

ヒューマンウォッチング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 原宿表参道イルミネーション | トップページ | イザの時 »